愛する家族を元気に!猫の肝臓病について知ろう

動物

特徴的な仕草をする

動物

基本知識を身に着けておく

ペットの代表格である犬は、飼い主になつきやすく家族の一員として大事に育てられておりますが、常に健康でいられるわけではありません。人間同様、ペット犬も様々な病気にかかります。その中でも、最もかかりやすいと言われている皮膚病について、知っておきたいポイントを挙げていきます。ペット犬のほどんとがかかる可能性があると言われている皮膚病ですが、他の病気と違い決まった仕草をする事があります。それは、皮膚病になってる箇所をひっきりなしに掻きむしることです。このような仕草を伴う皮膚病の原因としまして、ノミのような寄生虫が皮膚に発生している事、食べ物によるアレルギーが発生している事、皮膚に刺激を与える化学物質が付着している事などが考えられます。またこのような皮膚病に場合は、皮膚が赤みを帯びている場合が多いです。痒みや赤み以外にも、皮膚病ならでの特徴としまして脱毛やフケが発生する場合もあります。これらの症状が出た場合は、皮膚にカビが発生していると考えられます。カビの発生も、皮膚病になる大きな原因の一つです。カビが発生している場合は、皮膚の機能が正常に働いていないと考える事が出来ます。この場合、痒みは伴わない場合が多いです。それ以外のペット犬の皮膚病の特徴としまして、かさぶたが出来やすい点があげられます。この症状の原因も、カビによる所が大きいです。これらの症状を見かけたら、皮膚病であることを疑って速やかに適切な処置を行いましょう。